24時間で月収264万円を生んだ!貯金残高89円!
背水の借金OLが実行した本当の情報販売術!!(金の情報販売術)

自己破産 手続

基礎知識的な手続きも知っていないと後で困ることになるので注意してくださいね☆
支払い限界の末に取る最終手続き・・・自己破産。できれば避けたい。
でも、そうも言ってられない・・・自己破産以外にも手続きはあるのです。

主な債務整理の手続きは主に以下の4種類です。
状況に合わせてお考える。 その手続きとは・・・

【自己破産】…自己破産とは裁判所の手続を経て債務を帳消し(=免責)にする手続です。
【任意整理】…任意整理とは借金を減らし、原則無利息で3年から5年間で返済していく手続です。
【個人民事再生】…給与所得者又は定期的な収入がある自営業者や年金生活者で債務額が5千万円以下の民事再生とは債務額を百万円または5分の1に圧縮し、原則3年間で返済する手続です。
【特定調停】…特定調停とは裁判所を利用して借金を減らし、原則無利息で3年から5年間で返済していく手続です。

自己破産以外にも進むべき道・手続きは、たくさんあります。

基本は、「あきらめない」ことが大大前提!!!


支払いが不可能になり、サラ金やクレジットなどの支払が滞って、毎日のようにサラ金業
者からの督促や取立てを受けて困ってしまったら・・・ 辛い日々のはじまりです・・・


多額の債務を抱え、貸金業者に対して約束どおりの返済ができなくなった場合の解決方法
の1つとして、債務整理があります。

これは債権者と個別に話し合い、毎月の返済額などを変更してもらい、返済できる内容で
合意する和解契約する
方法です。

もう1つは自己破産申立があります。
これは返済することがどうしても不可能な場合、裁判所に自己破産の申立てをする手続き
です。

以上の解決方法がありますが、個人で手続きをとる弁護士が、任意整理や自己破産申立事
件を受任した場合、その旨を弁護士から業者に対して通知してその後の処理にあたるので
、本人の自宅や職場などへの督促や取立はなくなります。

ココまでくれば日々の苦痛からは、開放されますよ。

まずは、自己破産に長けている弁護士への相談が一番ですね☆弁護士相談


この法律事務所、自己破産しか道がないと諦めかけている方を救済できる、いわば秘策を知っている事務所なのです。

とは言っても、何も特別なオリジナル方法を使うのではなく、今まで存在していたが、あまり知られていなかった、あるいは、法律家から見れば、その方法を使ってしま うと、自己破産の場合のように高額な報酬を取れなくなってしまうため、やりたがらなかった法律に視点を 向けて対策を練っているだけです

自己破産せずに借金を返す法
多重債務の特定調停診断はいますぐこちらへ

特定調停連絡協議会

現在多重債務に苦しみ、自己破産しか解決方法が無いと諦めかけている方に、自己破産を回避できる債務整理方法を教えます!

自己破産は絶対に避けたいと思うのが当たり前ですよね?
私も、いくつかのテクニックを使って間逃れましたから・・・


自己破産によって制限される一つに弁護士・公認会計士・司法書士・税理士・行政書士・
宅地建物取引主任者・株式(有限)会社の取締役・警備員・生命保険の外交員などの
資格や職種に就いていた人が自己破産後をすれば、その資格や職を失います。
資格制限をなくし復権させるためには免責決定が必要になります。

そしてマイホームなど、生活必需品以外の全財産は全て換価されて、債権者に平等に分け
られます。
マイホームの場合、破産管財人によって任意売却されるか競売にかけられることになります。
だからといって、家をすぐに出なければならないわけではありません。

自己破産後、買主が現れるまでは住み続けることができますし、売却されるまでに半年以
上かかることもあるので、その間に、住む所を見つければいいのです。

賃貸の場合は、民法では『借家人が破産した場合には、家主は解約を申出ることができる
』とされていますが、ほとんどの場合、自己破産したことが家主に知られることはまずな
いので、そんなに心配することはないと思います。

その他に、退職金や、生命保険の解約返戻金(20万円以上)なども、財産とみなされます


退職金は、将来もらえるであろう見込み額の4分の1〜8分の1程度を債権者への配当に
まわすようになることが多いです。

金融関係では給与の振込先が、クレジット会社などの引き落としと同じ口座の場合、給与
が振込まれるのと同時に、引き落としになってしまう事もあります。

当然、自己破産後ブラックリストに登録されますので、銀行などから融資を受けることは
できなくなりますが、預金をしたり公共料金の引き落としまでができなくなるわけでは
ありません。

「1年で300万円貯まる、借金完済・自己破産回避!」


整理手順過程表(借金が500万円あった場合の例)
自己破産を含む法的手続きの早見表です。

↓          → 任意整理 自己破産 個人再生
借金はどうなるか 500万円 500万円 500万円
計算後 利息制限法による
引き直し計算後
300万円(例)
不要 利息制限法による
引き直し計算後
300万円(例)
総額 返済総額300万円 返済総額  0万円 返済総額100万円
毎月の返済額は 5万円から8万円 0円 2万円から3万円
期間はどの位かかるか 3年から5年 半年 3年から5年
情報センターへの登録
(ブラックリスト)
ある ある ある
官報への掲載 ない ある ある
住宅ローンは 返済継続 返済停止 返済継続
住宅の所有 できる できない できる
免責不許可事由があるか ない ある ない
職業の制限はあるか ない ある(一定の期間) ない
所有権留保物件は
ローンが残っているもの
別途相談 所有不可 原則所有不可
手続主体 弁護士 裁判所・弁護士 裁判所・弁護士
手続きの難易度 比較的簡易 複雑 複雑
弁護士費用 債権者1社につき3万円
(目安として)
30万円 30万円から50万円
万円で手続きの難易度に応じて判断
※上記整理手順過程につきましては、財産や債務の状況に
より変更となる場合があります。

あくまで例です。間違えないようにして下さい。