24時間で月収264万円を生んだ!貯金残高89円!
背水の借金OLが実行した本当の情報販売術!!(金の情報販売術)

自己破産 大阪

大阪地方裁判所の場合、「破産申立て」後、2週間ぐらいで、「破産審尋」期日が決まり
ます。
「審尋」とは、裁判所における、裁判官からの事情聴取です。

弁護士に依頼した場合は、弁護士に対し、裁判所から期日の連絡があります。
この際には、期日までにさらに必要な書類が指示されることもあります。
この場合には、早急に指示された書類の準備をしましょう。

「破産審尋」は、法律的には、債務者の支払不能を審尋するものですが、この際に、免責
について問題となる事情も聞かれます。(大阪地方裁判所)

弁護士も同席しますので、弁護士に知らせていない事情がないように、事前に打ち合わせ
をした上で臨みます。
通常の自己破産手続の場合には、同時に、「同時廃止」手続がなされます。
これは、破産管財人をつけて、資産と負債の状態を調査の上、宣告されるものですが、自
分の資産に比べ負債の額が大きく、破産管財人をつけるまでもないと判断された場合に、
破産管財人をつけないで処理するというものです。
なお、生活保護を受けている場合には、この破産審尋が省略され、すぐに免責審尋に入る
ことも多いようです。
「破産審尋」期日後、大体3か月くらい後に、免責審尋期日が定められます。
この免責審尋期日は、破産審尋期日の際に定められます。

大阪地方裁判所においては、通常の自己破産の場合で、特に問題がないと裁判所が認めた
場合には、集団審尋といって、大部屋に多人数を集めた形で、行なうことも多いです。
この免責審尋は、債権者にも通知がいき、免責に異議がある債権者は、出席もできます。

免責審尋期日は、期日において、免責が認められるか否かを審査する手続となります。

大阪 溝上法律特許事務所さんのホームページより→http://www.mizogami.gr.jp/index.html